アクア ライバル車 比較

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

アクアのライバル車(フィットハイブリッド、スカイアクティブデミオ)と比較したときの魅力とは

読了までの目安時間:約 3分

 

エコカーが一過性のブームではなく、現実的な選択肢として認知されるようになってきました。

 

環境問題への意識向上や、電気料金や重油価格の高騰が、エコカーを選択させている大きな要因と考えられます。

 

今後も状況に変化はなく、このままのニーズが推移するものと予想されています。

 

 

我が国のみならず、世界的なエコカーを流通させたのは間違いなくトヨタ社です。

 

プリウスの成功により、ハイブリッド車という敷居が一気に低くなったのです。

 

アクアは、プリウスの成功をさらに進化させ、より低価格化に成功したブランド車と言えます。

 

 

必然的にアクアのライバル車も増え続けています。

 

ハイブリッドシステムはもちろんのこと、昨今では様々なエコカー機能が開発されしのぎを削っている状況です。

 

当然、迎え撃つトヨタ側も日々進化を続けているのです。

 

 

ユーザーとしては、多様な選択肢が増えたことや、サービス競争が進化することは歓迎するムーブメントでしょう。

 

アクアのライバル車としていくつか具体例を出しながら比較を行ってみましょう。

 

 

トヨタに続いてハイブリッドを全面的に展開したのがホンダです。

 

アクアのライバル車になるのは、フィットハイブリッドになります。

 

フィットは、コンパクトカーブームの際に開発され、ホンダ低迷期を支えた一大ブランドです。

 

そのフィットにハイブリッドシステムを搭載することにより、より付加価値を加えたと言えます。

 

 

ハイブリッドシステムではなく、現行エンジンの低燃費化の流れを展開しているのがマツダです。

 

スカイアクティブという冠をつけ、こちらも長く愛されているデミオブランドに新型エンジンを搭載しました。

 

アクアのライバル車もそれぞれに付加価値をつけることで競争を優位に進めようとしています。

 

 

しかし、トヨタはハイブリッドの先駆者としての圧倒的な技術ブランドと信頼感を兼ね備えています。

 

ライバル車と比較した際に、不具合に関するクレームが圧倒的に少ないことはトヨタの強みです。

 

また、量販体制が整っていますので、価格に差がつけられる点が最も比較上魅力的な点ではないでしょうか。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ :  

トヨタ アクアについて

この記事に関連する記事一覧