車買取 戸籍抄本 売却

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

車買取や車の売却で戸籍抄本が必要な場合とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

愛車を車買取に出すときには、必要書類を提出しなければなりません。

 

書類にはいろいろな種類がありますが、通常必要なものとそうでないものとがあります。

 

 

車買取で通常時以外で必要になる書類では、例えば戸籍抄本があります。

 

車買取で戸籍抄本が必要になる場合とは、車検証の氏名と今の本人の氏名が異なる場合です。

 

通常、車検証の氏名と本人の氏名は同じものであるべきですが、結婚・離婚などで苗字が変わってしまう場合もあります。

 

そのような場合には車検証の氏名と本人の氏名が異なりますので、戸籍抄本を用意する必要があります。

 

車を売る直前に結婚したりあるいは離婚した場合は、この点をよく注意しておきましょう。

 

 

さて、戸籍抄本によく似た言葉に戸籍謄本というものがあります。

 

この両者は戸籍原本を複写したものという意味では同じようなものですが、弱冠の違いもあります。

 

それは、抄本の場合は戸籍原本から必要部分だけを複写したもので、謄本の場合は戸籍原本の全部を複写したものということになります。

 

この点で抄本と謄本には違いがありますので、間違わないようにしなければなりません。

 

謄本と抄本では、実際的によく必要とされるのは抄本のほうです。

 

 

さて、車買取では通常時に必要な書類のことも忘れてはいけません。

 

通常時に必要な書類とは、まず自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑証明書、譲渡証明書、場合によって住民票も必要となります。

 

車を売るときに、車検証の氏名と今現在の氏名が同じである場合は、通常時に必要な書類だけで構いません。

 

しかし、車を売る時に登録時の氏名と今の氏名が変わっている場合は、戸籍抄本を用意しなければなりません。

 

そして本籍地と現住所が異なる場合は、戸籍附表もしくは住民票を提出しなければなりません。

 

登録時の氏名と今の氏名が変わる場合とは、結婚や離婚を行ったときです。

 

そのような場合は、車検証の氏名と今の氏名が異なっているので注意ですよ。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ :  

車を売買するときの注意事項

この記事に関連する記事一覧