外装 コツ

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

外装はコツが大事。買取査定で損をしない方法

読了までの目安時間:約 3分

 

自動車が不要になったというような場合には、大きく分けて「買取」と「廃車」の二つの方法があります。

 

ですが、自動車のコンディションにもよるとはいえ、中古車は高値で取引される商品になっていますから、買取に出すことが出来るのであれば買い取ってもらいたいと考えるのが基本です。

 

 

ただ、実際に高額査定を引き出すにはいくつかのポイントを知っていなくてはなりません。

 

中でも特に注意したいのが、外装に関する高額査定を引き出すコツです。

 

ここで言う外装とは、自動車の外側にある部分、つまりドアやボンネット、ルーフといったような部分のことです。

 

タイヤやホイールなども外側にあるのですが、一般的にはこうしたものは外装部品としてはあまり扱われません。

 

 

では、外装に関して高額査定を引き出すコツはどこにあるのかというと、何よりも重要になるのが「きれいであること」です。

 

買い取られていった中古車は、基本的に新しいユーザーへ転売されることとなりますから、なるべくであれば手をかけないままに転売できる商品に人気が出ます。

 

擦り傷や凹みなどがあると、それだけで価格が下がってしまう原因になりますから注意しましょう。

 

もし小さな擦り傷があるというのであれば、ホームセンターに売っているコンパウンドなどで磨いてやることで傷を消すことも出来ますから、状態によってはコンパウンドでの研磨をしても良いでしょう。

 

 

ですが、凹みがあるというような場合は、すぐに修理をしないほうが良いといえます。

 

これはなぜかというと、最近の自動車買取会社は自社である程度の修理ができるというのがほとんどだからです。

 

特に、板金加工で直せる程度の凹みであれば、個人が修理業者に依頼をするよりも、買取会社が自社で直したほうが安く付くケースがほとんどです。

 

安価に修理できるというのであれば、さほど大きな金額が減額になるということはありません。

 

ユーザーが修理業者に依頼してしまったがために、最終的には買い取り金額で損をしてしまうということもありますから、「小さな傷は消す、大きな凹みはまず査定に出す」という方法で対処するように心がけましょう。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ : 

車買取のときのポイント

この記事に関連する記事一覧