車売却 確定申告

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

車を売却したら確定申告は必要?実は必要な場合があるんです

読了までの目安時間:約 3分

 

自動車などが不要になったというような場合、ただ保有し続けていると無駄に自動車税がかかり、車検や点検などの維持費などもかかるだけということになってしまいますから、何か特別な事情が無い場合は自動車売却を行うことによって現金化をすることとなるでしょう。

 

こうすれば自動車を保有していないということになりますから自動車税はかからなくなりますし、加えて現金化したことによって多少なりとも利益をあげることができます。

 

しかし、自動車売却をして利益が出たという際に気になってくるのが「確定申告」についてです。

 

基本的に自営業などで利益が出たというような場合には確定申告を行い、所定の方法によって算出された税金を納める必要があります。

 

一見すると自動車売却で出た利益もこの確定申告に含めるべきものであるようにも見えますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

 

これに関しては基本的に、自動車売却によって得ることが出来た収入については確定申告に含める必要がないというのが答えになります。

 

それはなぜかというと、自動車売却によって売却される自動車は通常、「生活動産」と呼ばれる分類になるからです。

 

これを売却することによって得た収益と言うものは事業による収益とは同様に扱われませんから、基本的には非課税の扱いになります。

 

そのため納税義務も生じませんので、確定申告には必要ないと考えていいでしょう。

 

 

とはいえこの考え方には一つだけ例外があるということには注意が必要です。

 

それがどういったものなのかと言うと、譲渡所得と呼ばれる項目の算出方法です。

 

譲渡所得とは、自動車のように個人や法人が所有する財産を譲渡した際に出た利益にかかる所得のことです。

 

そして、これは「売却額-(購入代金+取得費用)」で計算されます。

 

自動車が売却された際に課税対象とならないのは、売却額は通常購入代金よりもはるかに安い価格になるからです。

 

ですが、もし売却した自動車の売却額が購入代金を大きく上回り、年間の特別控除額である「50万円」を超えた利益が出たのであればそれは譲渡所得として課税対象になります。

 

不安がある場合は最寄の税務署などで相談すると良いでしょう。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ : 

未分類

この記事に関連する記事一覧