走行制御 ライト 技術

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

車の最新の走行制御技術&ライト技術。安全性の向上にもなります

読了までの目安時間:約 7分

 

最近の自動車業界は、一昔前と比べて、いろいろな技術がすさまじく進化しています。

 

一方で、新しい技術が出てきても、どのような機能なのか分かっていないことも多いですよね。

 

そこでこれまでに、最新の安全技術について紹介しました。

 

※安全技術は、できるだけ車に装備させたい機能です

車の最新安全技術。自動ブレーキや標識検知機能などはどんな機能?

 

※急な横風によるふらつきを軽減する技術も

クロスウインドアシストや誤発進抑制機能とは?車の最新安全技術2

 

 

今回は、『最新の走行制御技術』と『最新のライト技術』についてお話ししますね。

 

 

車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

東証一部上場企業が運営している、安心の車買取一括査定です。

入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

かんたん車査定ガイド

最新の走行制御技術

それでは、早速、最新の安全技術を紹介しますね。

 

アジャイルハンドリングアシスト

アジャイルハンドリングアシストは、クルマの動きを整える技術です。

 

タイヤは、グリップの限界を超えるとアンダーステアやオーバーステアという挙動になってきます。

 

アンダーステアやオーバーステアがでたときに、ブレーキなどを使ってドライバーの意志通りのコーナリングをしようとしてくれます。(アンダーステアがでたら、前輪内側にブレーキをかけると曲がりやすくなります)

 

安全期待度 ★☆☆
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

Gベクタリングコントロール

Gベクタリングコントロールは、エンジンブレーキで車の挙動を安定させる技術です。

 

ハンドルを切ると超軽いエンジンブレーキをかけて前輪荷重にして、車の挙動を安定させます。

 

効果はわずかなので体感しにくいのですが、多くの場面で効いている素晴らしい技術です。

 

しかも、コストアップしないで搭載できるという、優れた技術です。

 

安全期待度 ★☆☆
実用度 ★★☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

トルクベクタリングコントロール

曲がるための技術です。

 

戦車やブルドーザーのように、右と左のタイヤの回転速度を変えることで、ハンドルを切らなくても曲がるということを応用している技術です。

 

安全期待度 ★★☆
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

 

最新のライト技術

次は、最新のライト技術を紹介しますね。

 

オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる技術です。

 

通常走行はハイビームで、対向車や先行車のライトを感知するとロービームに切り替えてくれます。

 

ただし、対向車などのライトを感知してから切り替えるので、どうしてもワンテンポ遅れてしまい、相手に不快感を与えてしまいます。

 

安全期待度 ★☆☆
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

LEDインテリジェントライトシステム

LEDインテリジェントライトシステムは、クルマの走行状況に合わせて、ライトの配光パターンを自動で変えるシステムです。

 

アダプティブヘッドライトの基本的な機能のひとつといえます。

 

道が曲がっていれば曲がった方向を照らし、速度が上がれば光をハイビーム側にして遠くのほうの視界を良くします。

 

安全期待度 ★★☆
実用度 ★★☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

アダプティブハイビーム

アダプティブハイビームは、オートマチックハイビームを進化させたものです。

 

カメラで対向車や先行車の位置を常時把握して、その部分だけ配光をカットして眩しくないようにするハイビームです。

 

対向車や先行車のいないところの配光はハイビームのままなので、とても明るいんですよ。

 

安全期待度 ★★☆
実用度 ★★☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

ナイトビュー

ナイトビューは、暗視装置のことで、夜間に活躍します。

 

人の目では見えない赤外線などを使って、暗いところの人を画面に映して発見できるようにする技術です。

 

低コスト化などが進んで多くの車に搭載されれば、夜間の安全性は大幅に向上する可能性大です。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

 

最新の走行制御技術と最新のライト技術には、このようなものがあります。

 

走行技術やライト技術の向上は安全にもつながるので、多くの車に搭載されるといいですね。

 

次回は、最新の歩行者安全技術などを紹介しますね。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ :   

車の基礎知識

この記事に関連する記事一覧