クロスウインドアシスト 誤発進抑制機能 安全技術

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

当サイト人気車買取一括査定ランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クロスウインドアシストや誤発進抑制機能とは?車の最新安全技術2

読了までの目安時間:約 6分

 

最近の自動車業界は、安全技術の進化が著しいです。

 

近年、緊急自動ブレーキなどは、ほとんどの車種で設定されていますね。

 

一方で、新しい技術が出てきても、どのような機能なのか分かっていないことも多いです。

 

そこで前回、『最新の安全技術はどのような機能を持っているの?』についてお話ししました。

 

※安全技術は、できるだけ車に装備させたい機能です

車の最新安全技術。自動ブレーキや標識検知機能などはどんな機能?

 

 

今回も続きとして、最新の安全技術のうち、

 

・誤発進抑制機能

・後退時衝突防止支援

・マジックボディコントロール

・クロスウインドアシスト

・レーンチェンジアシスト

・ランオフロードプロテクション

 

についてお話ししますね。

 

 

最新の安全技術

それでは、早速、最新の安全技術を紹介しますね。

 

誤発進抑制機能

車の前方に取り付けられているミリ波レーダーやレーザー、ソナー、カメラなどのセンサーにより、前方に障害物があった場合はアクセルを踏んでも発進しないように制御する装置です。

 

誤発進抑制機能がついていれば、ニュースで取り上げられるような、コンビニなどへ飛び込んだり、駐車場の壁を突き破ったりすることはなくなります。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★★☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

後退時衝突防止支援

リアに装備されているレーダーやソナーなどによって、自車の後ろに障害物や他車がいないか感知し、障害物があれば自動でブレーキを掛けたり、アクセルを踏んでも走らないようにしたりするシステムです。

 

装着している車は、駐車場などで安心感が高くなります。

 

最近は、レーダーなどを使わないで、機械的に後退時衝突防止をする技術も出てきました。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★★★
普及度 ☆☆☆

(引用元:CARトップ)

 

マジックボディコントロール

車両の前の路面状況を常に検知して、凸凹に遭遇したら前後のサスペンションを調整して衝撃を大幅に減らしてくれるシステムです。

 

マジックボディコントロールがついている車に乗ると、凸凹道を走っても、凸凹を手品で消したように快適に走ることができます。

 

安全期待度 ★☆☆
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

クロスウインドアシスト

背の高い車は、急な横風で車がふらつくと、恐怖を感じることがありますよね。

 

横風によりふらついた側に他車がいたり、対向車だったりすると、事故になってしまうこともあります。

 

クロスウインドアシストは、横風を受けたら瞬時に片側の車輪にブレーキをかけるなどして、横風の影響を最小限にしてくれる技術です。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★★☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

レーンチェンジアシスト

ウインカーを出すと、自動で車線変更してくれる技術です。

 

メルセデス・ベンツEクラスに採用されたシステムで、ウインカーを出して2秒後に稼働します。

 

周囲の安全をミリ波レーダーとカメラで確認して、安全上問題がなければ自動でハンドル操作して、隣のレーンに車線変更してくれます。

 

車線変更くらい自分でもできますが、ついていれば少し特別な感じがしますね。

 

安全期待度 ★★☆
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

ランオフロードプロテクション

事故で危篤や死亡なることが多いのは、路外に逸脱したあとに、障害物などで跳ね上がることです。

 

前や横からの衝撃は、エアバックや車体構造で吸収できますが、下からの衝撃を受け流すのは難しいです。

 

そこで、シートレールの構造などを工夫して、路外へ逸脱したときの衝撃に備えます。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★★★
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

 

最新の安全技術には、このようなものがあります。

 

安全技術の進化は、事故が減ることにつながるので、もっともっと進化して、多くの車に標準で搭載されるといいですね。

 

次回は、最新の走行制御技術を紹介しますね。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ :  

車の基礎知識

この記事に関連する記事一覧