軽自動車 規格 排気量

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

軽自動車の規格。排気量、サイズ、乗車数が決まっている 

読了までの目安時間:約 5分

 

今や新車販売台数の4割を占めるまでに成長した軽自動車。

 

最近では、スズキ・アルトのようなオーソドックスなタイプだけでなく、

 

・ワンボックスタイプ :ホンダ・バモス、スズキ・エブリイワゴン

・ハイト:ホンダ :N-WGN、ニッサン・デイズ

・スーパーハイト :タイハツ・タント、ミツビシ・eKスペース

・SUV :スズキ・ハスラー、スズキ・ジムニー

 

などさまざまな種類が発売されています。

 

そんな大人気の軽自動車には、定められた規格があるのをご存知ですか?

 

実は、軽自動車は、一定の規格に沿って作られているんですよ。

 

というわけで、今回は、『軽自動車の規格』について見てみましょう。

 

 

車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

東証一部上場企業が運営している、安心の車買取一括査定です。

入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

かんたん車査定ガイド

軽自動車には3つの約束事がある

最近の軽自動車は、経済性だけでなく、取り回し性や居住性、走行性能、

安全性能、燃費など、普通車も顔負けの車がたくさん発売されています。

 

これだけの性能がありながら維持費が安いとなれば、人気となるのも分かりますね。

 

そんな軽自動車には、

 

・ボディサイズ

・エンジンの排気量

・乗車定員数

 

の3つの規格があるんです。

 

 

ボディサイズ《一般的なコンパクトカーよりも20cmも狭い》

軽自動車のボディサイズの規格は、ちょくちょく変更されていて、

少しずつ全長が伸びていっています。

 

そして、現在は、

 

全長3400×全幅1480×全高2000mm以下

 

と決められています。

 

 

このサイズは、一般的なコンパクトカーよりも全長で500mm、

全幅で200mm程度小さくなっています。

 

ですが、現在の軽自動車を見れば分かりますが、十分な居住性がありますよね。

 

 

エンジンの排気量《660cc以下》

軽自動車のエンジンの排気量は、平成2年の改定で550cc以下から

現在の660cc以下になりました。

 

660ccの排気量では、一見パワー不足に感じますが、

ターボの搭載やCVT技術の向上、ボディの軽量化のおかげで

街乗りなら十分な動力性能を持っています。

 

また、かつてはターボエンジンを積んだ軽自動車は、

軽自動車の割には燃費があまりよくありませんでした。

 

ですが、近年の性能向上で、ターボエンジン搭載の軽自動車でも

燃費がグッと向上してきました。

 

 

乗車定員数《普通車と決定的に違う》

ボディサイズもエンジンの排気量も、スペース効率の追及や技術向上で、

コンパクトカーと比べても大きく違うということはなくなってきました。

 

ですが、乗車人数に関しては、軽自動車は4名以下。

 

普通車は5人(以上)なので、この部分は決定的に違っています。

 

しかも、今のところ軽自動車は、3列シートも許されていない状況なんですよ。

 

ただし、2列シートで居住空間が広いので、コンパクトカーと比べて

後列シートはかなり余裕がある室内空間となっている車種もたくさんあります。

 

 

軽自動車には、このような規格が定められています。

 

雑学的な感じの内容ですが、覚えておくと役立つ場合がありますよ。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ :  

車の基礎知識

この記事に関連する記事一覧