自動車メーカー 注意点

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

自動車メーカーの要注意点。スバル、ミツビシ、ダイハツ、スズキ編

読了までの目安時間:約 5分

 

前回、『知らないと損する!?メーカー別の要注意点』として、

 

・トヨタ(TOYOTA)

・ニッサン(NISSAN)

・ホンダ(HONDA)

・マツダ(MAZDA)

 

の注意点について紹介しました。

自動車メーカーの要注意点。トヨタ、ニッサン、ホンダ、マツダ編

 

 

今回は、その続きとして、

 

・スバル(SUBARU)

・ミツビシ(MITSUBISHI)

・ダイハツ(DAIHATSU)

・スズキ(SUZUKI)

 

の要注意点について紹介しますね。

 

これから新車を購入する予定の人は、参考にしてください。

 

 

車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

東証一部上場企業が運営している、安心の車買取一括査定です。

入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

かんたん車査定ガイド

スバルは軽自動車を放棄

≪伝統ある軽自動車を放棄して海外向けが中心≫

 

伝統ある商品力の優れた軽自動車の開発を放棄して、今ではダイハツ製のOEM車を扱う。大半が海外向けの商品で、レヴォーグは国内向けだがボディは少し大きい。レガシィシリーズは、次期型でさらに大型化されてしまう。

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

経営判断として、軽自動車の生産をやめたのは、

企業としては仕方がない部分ですが、

やはり開発をやめてしまったのは少しさびしいですね。

 

さらに、スバルは、北米向け中心になったために、5ナンバー車もなくなりました。

 

生き残るためでしょうが、もう少し日本向けのラインナップが増えてほしいですね。

 

 

ミツビシは品ぞろえが乏しい

≪今は過渡期で品ぞろえが大幅に乏しくなった≫

 

今の三菱は過渡期に差し掛かっており、軽自動車のeKワゴンとeKスペースを除くと、売れ筋の車種が見当たらない。店舗数も約700店舗と限られる。今後、SUVを充実させる模様だが、それまでは購入しにくいメーカーだ。

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

ミツビシは、ランサーエボリューションシリーズなど

コアなファンを獲得している車種もありますが、

たしかに、売れ筋の車種はあまりありません。

 

SUVだけでなく、コンパクトカーなどもラインナップが増えるといいですね。

 

個人的には、ミツビシの個性的なデザインが好きです。

 

 

ダイハツは注目車が少ない

≪軽自動車が中心だが注目車が少なめだ≫

 

小型&普通車はトヨタ車と共通化され、実質的に選ぶ価値が乏しい。軽自動車が中心になるわけだが、ミラココアやムーヴコンテは設計が古い。購入しやすいのは、タント/ムーヴ/ミライース/コペンの4種類のみになる。

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

ダイハツは、注目車が少ないだけでなく、

女性向け中心の車種が多いんですよね。

 

そのため、販売店も女性向けに作られているところが多いので、

男性はちょっと近寄りがたい部分が…。

 

販売力は、トヨタの方が上でしょうから、注目車種が少ないのは痛手ですね。

 

 

スズキはサイドエアバックがないのが不満

≪サイドエアバッグの非設定などが不満だ≫

 

軽自動車が中心だが、スイフトやソリオといったコンパクトカーの質も高まって品ぞろえも増えた。欠点は少ないが、軽自動車でサイド&カーテンエアバッグを装備できる車種がない。安全性を高めるスタビライザーも非装着車が目立つ

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

サイドエアバッグがないのはちょっと不満ですね。

 

開発費や価格、重量などの面から外したんでしょう。

 

今後は、安全性を高めるために、軽自動車にも

サイドエアバッグ&カーテンエアバッグをつけてほしいですね。

 

 

前回と、今回で、『車購入ガイド』で特集されていた

各メーカーの注意点を紹介しました。

 

今後、新車を買うときに、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ :   

車の基礎知識

この記事に関連する記事一覧