車買取 自動車重量税

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

当サイト人気車買取一括査定ランキング

かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


自動車重量税は節約できる?還付金があるってホント?

読了までの目安時間:約 7分

 

車を購入すると、以下の4つの税金が必ずかかってきます。

 

自動車税(軽自動車税):毎年4月1日に課税

自動車取得税:車を取得した時に課税

車両重量税:購入時と車検事に課税

消費税

 

ですが、車は高価な買い物なので、金銭的な負担を少しでも減らしたいものです。

 

そのためには、税金も節約したいですよね。

 

自動車取得税はさまざまな方法で節約できますが、

自動車重量税もある程度節約できるんですよ。

 

自動車取得税を節約してお得に車を購入しよう

 

また、自動車重量税は、還付されることもあるんです。

 

というわけで、『自動車重量税の節約方法』と『自動車重量税の還付』についてお話しますね。

 

 

自動車重量税とは

自動車重量税とは、新車購入時(新車登録時)と車検のときにかかる税金です。

 

自動車の重量によって納税額が決まっていて、

重くなるほど金額が高くなっています。

 

また、エコカー減税で、減税や免税があります。

 

しかし、低年式車(古い車)で、初年度登録から13年以上で割増、

18年以上でさらに割増となります。

 

 

自動車重量税は、自動車税と混同しやすいのですが、

自動車税は4月1日に車を持っている人に課税される地方税に対し、

自動車重量税は国税になります。

 

 

自動車重量税は、新車登録時や車検時に払うため、普通なら

ディーラーの営業マンや車検業者の人がまとめて手続きをしてくれますね。

 

ですが、自分で車検を通す場合には、重量税は、管轄の運輸支局か

軽自動車検査協会に、自動車重量税納付書と共に納付を行います。

 

そのとき、納付書には税額分の印紙を貼る必要があることも覚えておいてくださいね。

 

 

ちなみに、自動車重量税は、道路整備事業などに使われるんですよ。

 

 

自動車重量税の節約方法

自動車重量税を節約するには、3つの方法があります。

 

その節約方法は、

 

・エコカー減税対象車を購入する

・重量の低い車(軽い車)を購入する

・軽自動車を買う

 

という方法です。

 

 

自動車重量税は、エコカー減税対象車に対して減税処置があります。

 

減税率は、車種によって違いますが、

 

・50%減税、75%減税、100%減税(免税)

・新車登録後の次の車検も免税(車種によって免税されるもの、されないものがあります)

 

があります。

 

そのため、エコカー減税対象車を購入するだけで、数万円~数十万円節約できるんです。

 

 

また、自動車重量税は、車の重量が重くなるほど高額になっていきます。

 

なので、軽い車を購入するようにすれば、節約することができますよ。

 

 

また、軽自動車は、重量税は一律9,900円と格安。

 

しかも、エコカー減税対象車なら、さらに割引に。

 

軽自動車なら、重量税をかなり節約できるというわけなんです。

 

 

ちなみに、トヨタ・アクアは、エコカー減税対象車。

 

しかも、100%減税(免税)&次の車検も免税なんですよ。

(次の車検の免税は、初回登録時期によって、減税率が変わります)

 

アクアを限界まで値引きして、お得に購入するコツ

 

 

中古車購入時は、基本的には請求されないはずです…

上でも書きましたが、自動車重量税は、新車購入時と車検時にかかる税金です。

 

そのため、車検が残っている中古車を購入する場合、

すでに納められているので、基本的には請求されないはずです。

 

 

ですが、中古車販売店によっては、車検の残り分に応じて

請求してくる場合があります。

 

もちろん、請求してはいけないという法律はありませんが、

すでに払ってあり、しかも、車検が残っていることも考慮して

中古車価格が決まっているわけですから、請求してくるのは考えものです。

 

 

廃車(永久抹消登録)すると還付されます

自動車重量税は、廃車(永久抹消登録)手続きのときに、

車検の残り期限に応じて還付金が戻ってきます。

 

ただし、抹消登録手続きと合わせて還付申請を行わなければ

還付されないので、忘れずに行ってくださいね。

 

一部のディーラーや廃車専門業者では、廃車の時に還付金があることを

教えてくれずそのまま取られてしまうことがあります。

 

廃車にする時は、必ず確認してくださいね。

 

 

また、車買取してもらうときは、基本的に自動車重量税の還付はありません。

 

ですが、買取業者によっては、車検の残りに応じて

還付してくれるお店もあります。

 

なので、車を売却するときは、一括査定サイトなどを利用して、

重量税を還付してくれるお店を探し、実際に査定してもらうときに、

重量税の還付があるか聞いてみるといいですよ。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ : 

車を安く購入するコツ 車にかかる税金と節約法

この記事に関連する記事一覧