ディーラー 営業マン 休み 離職率

アクア値引き+限界お得な購入法ブログ

新車販売の営業マンは休みが少ない?離職率は高いの?仕事の実情2

読了までの目安時間:約 4分

 

車を購入するときの商談相手といえば営業マンです。

 

新車販売のディーラーの営業マンといえば、ノルマに追われ、仕事がきつくて大変というイメージがあります。

 

そこで前回、営業マンの適正や社員教育の進み方などについてお話ししました。

 

※営業マンは商品知識の多さが大切です。

新車販売の営業マンの仕事の実情。必要な資格はある?適正は?

 

 

今回もその続きとして、「ディーラーの営業マンは休みが少ないの?」、「営業マンは、離職率が高いと聞きましたが…」についてお話ししますね。

 

車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

東証一部上場企業が運営している、安心の車買取一括査定です。

入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

かんたん車査定ガイド

ディーラーの営業マンは休みが少ないの?

新車販売の営業マンといえば、昔は“夜の仕事”といわれていて、夜間にお客の自宅を訪問することが仕事のメインでした。

 

けれど近年は、自宅に営業マンを呼びたくないというお客が増えたので、夜間にお客の自宅を訪問することはほとんどなくなりました。

 

一方、ディーラー側も残業代や光熱費など、店舗維持に関するコスト管理にシビアなところも多くなりました。

 

そのため、週に2日休めるケースもほとんどで、子供の運動会などで土・日曜日に休むこともできます。

 

 

このようにディーラーの営業マンは、以前よりも休みが増えているんです。

 

ただし、勤務時間が限られてしまうので、効率よく営業活動をする必要があるんですよ。

 

 

営業マンは、離職率が高いと聞きましたが…

営業マンは、離職率が高いといわれています。

 

実際、販売現場で聞くと、入社後すぐに退職してしまうようです。

 

その理由とは…。

 

メーカーの看板を背負っていることもあり、希望を膨らませて入社し、日々のノルマに追われる毎日の繰り返しという現実世界とのギャップに悩んで辞めていくようです

(引用元:ザ・マイカー)

 

また、思ったように新車が売れず、自己嫌悪に陥って辞めていく営業マンも多いようです。

 

 

ただし、学卒者の定期採用は、将来の幹部社員候補の育成の意味も含まれていて、新車販売の現場を経験しなくては幹部にはなれません。

 

就職活動をするときは、この辺りも見極めながら行うといいですよ。

 

 

近年は、中途採用の環境も厳しくなってきている

バブルのときのように、新車がガンガン売れていた時は、人員補充のために異業種からの転職を含む営業マンの中途採用は多かったです。

 

けれど、近年のようにクルマが売れにくくなってからは、経験者=他販売会社での営業経験がある人に限る中途採用がほとんどです。

 

経験者を採用するメリットは、その人が過去に販売した顧客に、(転職後の)ディーラーの車に代替えを促すことができるからです。

 

といっても、近年は、個人情報の取り扱いが厳しくなり、知らない会社からダイレクトメールが来ると、クレームを入れる顧客もいます。

 

なので、人間関係ができてる顧客とでしか、「今度転職するので…」という新車の販促活動はできないようです。

 

このように、ディーラーの中途採用の環境も、現在は厳しくなっているんです。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


 

タグ :   

車の基礎知識

この記事に関連する記事一覧