EV、PHVの高速料金が割引に。最大6万円の補助金を受けられる

目安時間:約 6分

クリーンエネルギー自動車として注目を集めているEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)。

 

このたび、経済産業省が、クリーンエネルギー自動車の普及を促進するために、EVやPHVの高速道路料金を一部補助する制度を発表したんです。

 

どのような制度なのか、分かりやすくお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

最大6万円の補助金が受けられる

今回、経済産業省が発表した補助金制度は『高速道路利用実態調査事業』によるもので、調査の一環から高速道路料金を補助してもらうことができます。

 

高速道路料金の一部が補助されて、最大6万円まで補助が受けられるんです。

 

この政策の目的は、EV(PHV)の普及の促進を図るなかで、SAの充電器を活用しながらEV(PHV)の長距離利用を促したいということなんです。

 

制度の概要は以下のようになっています。

○ 対象者:予め利用登録を完了した電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の所有者(先着4万台)

 

○ 調査期間:平成27年5月~平成28年2月

 

○ 対象道路:東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱及び本州四国連絡高速道路㈱等の管理する高速道路

 

○ 対象走行:高速道路における一料金区間の料金額が、1,000円(普通車の場合)を超える走行(ETC無線走行に限定)

 

○ 調査協力費:調査期間に応じ、以下の金額(普通車の場合)

① 5~8月:一料金区間あたり1,000円を超える利用に対して、1,000円超過分
② 9~12月:一料金区間あたり1,000円を超える利用に対して、1,000円超過分、2,000円を超過する場合は料金額の半額

 

○ 支給時期:調査終了後に一括して調査協力費を支給

 

※平成27年4月から、登録受付を開始。
※平成28年1~2月の2ヶ月間における走行に対しては、調査協力費は支払わない。
※支給額は、1月当たり2万円、全調査期間で6万円を上限とする。
※なお、予算の残額によって、スケジュールを前倒して調査を終了することがある。
※対象者は、充電カード所有者に限る。
※本調査事業の参加者から1台あたり一定額を徴収する。

(引用元:一般社団法人次世代自動車振興センター)

 

たとえば、5月3日に8,000円分高速道路を利用したら、7,000円の補助が受けられるというわけなんですよ。(ただし、1ヶ月当たり2万円、全期間で6万円が上限です)

 

EVやPHVに乗っているドライバーは、ぜひ利用したい制度ですね。

 

 

補助金(高速道路利用実態調査事業)を受けるための条件とは?ETCは必須です

では、今回の制度(高速道路利用実態調査事業)を受けるには、どのような条件があるかというと、まず、EVもしくはPHVだけということです。

 

なので、ハイブリッドカーやクリーンディーゼル車、FCV(燃料電池車)は、この補助金の対象外です。(もちろん、普通のガソリン車も対象外ですよ)

 

 

また、今回の補助金は、あくまでも調査事業なので、走行データの提供やアンケートの回答をすることも必須となります。

 

さらに、走行データを調査する関係で、ETC利用も必須です。

 

 

なので、高速道路料金の補助を受けるためは、

 

・EVもしくはPHV

・走行データーの提供&アンケートに回答

・ETCがついている

・申し込みが必要

 

ということです。

 

 

申し込みは4月1日から行なっていて、車検証のコピー、ETCカードの番号、充電カードID、口座番号が必要となります。先着4万台となっているので、早めに申し込みをしてくださいね。

 

また、補助金は、その都度払われるのではなく、5月~12月の走行データを元に、来年3月にまとめて振り込みされる形になっているので注意してくださいね。

 

詳しくは、こちらのサイトを参考にしてください⇒一般社団法人次世代自動車振興センター

 

 

ちなみに、この制度は、恒久的なものではなく、あくまでも一時的なものです。

 

なので、来年以降は続かないので気をつけてくださいね。

 

ですが、EVユーザー、PHVユーザーには、とてもうれしい制度ですね。上手に活用して、お得なカーライフを送ってください。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事