車の購入時の諸費用をカットして節約。カットできるものはこれだ

目安時間:約 8分

車を購入するときには、さまざまな諸費用がかかります。

 

ですが、諸費用のなかには、カットできるものもあるのをご存知ですか?

 

車は、高額な買い物ですから、少しでもカットできるものはカットして、

少しでも安く購入しましょう。

 

というわけで、『カットできる諸費用』についてお話しますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

カットできる諸費用はこれ

車を購入すると、自動車税やナンバープレート代、自動車リサイクル料金など

さまざまな費用がかかりますよね。

 

しかも、軽自動車でも20万円くらい、

高級車になると100万円以上かかる場合もあります。

 

そのため、少しでも諸費用を減らすために、カットできるものはカットしていきましょう。

 

カットできる諸費用は、

 

・車庫証明手続き代行費用

・下取り査定料

・納車費用

・下取り車手続き代行費用

 

の4つです。

 

一つずつ説明していきますね。

 

 

ちなみに、諸費用のカットは、値引き交渉の最初では行なわず、

最終段階で切り出してくださいね。

 

そうしないと、車両値引き額が小さくなってしまう可能性があるんです。

 

※車を安く購入したいなら、今乗っている車を高く売ることも大切です

限界まで値引きして、お得に購入するコツ

 

 

車庫証明手続き代行費用のカット

車を公道で走らせられるようにするためには、色々な書類が必要になります。

 

その中のひとつが、車庫証明書です。

 

この車庫証明書をディーラーの営業マンに代行で取ってもらうための費用が

『車庫証明手続き代行費用』です。

 

 

車庫証明書の取得は、一見難しそうに感じますが、

実はそれほど難しくありません。

 

代行費用の相場は、11,000円~20,000円なので、

自分で行うことでこれだけ節約できるんですよ。

 

臆せず挑戦してみましょう。

 

※車庫証明の取得の流れは、こちらを参考にしてください。

車庫証明書の取得手順。取り方や記入は意外と簡単です

 

 

下取り査定料のカット

下取り車がある場合、その査定額を算出するためにかかる費用が『下取り査定料』です。

 

相場は、5,000円~8,000円ですが、この費用はディーラーによって

カットすることができますので営業マンに交渉してみましょう。

 

多くの場合、ディーラー側から「査定しましょうか」と申し出をしておきながら、

いけしゃあしゃあと見積書に査定料を書いてきます。

 

なので、この点を指摘してカットをしてもらいましょう。

 

 

納車費用のカット

ディーラーから自宅まで車を持ってきてもらう費用を『納車費用』といいます。

 

相場は、7,000円~10,000円です。

 

自分で取りに行けば、もちろん発生しない料金なので、

ディーラー引き渡しにしてカットをしてもらいましょう。

 

 

また、最近では、カット前提で見積もりに載せていたり、

始めから見積書に記載しないディーラーも出てきています。

 

というのも、自宅までの運搬中に事故を起こしてしまうということが

たびたび起こるからなんです。

 

そのリスクをなくすために、最近では、ディーラーで納車が

一般的になってきているんですよ。

 

 

ただ、営業マンの中には、

「店の方針でカットできないんです」

などといって、かたくなにカットを拒む場合があります。

 

ですが、自動車販売協会連合会(自販連)では、

お客様が自ら車庫証明手続を行ったり、販売店の店頭で車の引き渡しを受けた場合には、それらに該当する車庫証明手続代行費用や納車費用は不要となります。

(引用元:自動車販売協会連合会)

としっかり書かれているので、自分で取りに行く場合は、必ずカットしてもらいましょう。

 

 

下取車手続代行費用のカット

下取り車の名義変更や末梢登録の手続きをディーラーに

代行してもらう場合に発生する費用を『下取車手続代行費用』といいます。

 

相場は、5,000円くらいです。

 

 

下取車手続代行費用に関しては、“道路運送車両法”で

ディーラー(買った側)が手続きを行い、費用を払うと決まっています。

 

そのため、お客(売った側)は、払う必要はないんです。

 

なので、この点を指摘して、カットしてもらいましょう。

 

 

ただし、下取り車をローンを組んで車を購入していた場合、

名義がローン会社になっている場合があります。

 

その場合、所有権解除を行なわなくてはならず、ローン会社などから

多数の書類を取り寄せたり、手続きをしなくてはなりません。

 

なので、この場合は、この費用を払うことは妥当と言われています。

 

 

けれど、下取り車の名義が本人の場合は、支払う必要がないのでカットを要求しましょう。

 

 

このように、車を購入するときにかかる諸費用の中にも、

カットできるものがあります。

 

節約のためにも、カットできるものはカットしていきましょう。

 

なかには、あまりカットしすぎると、営業マンとの関係が

悪くなると心配する人がいます。

 

ですが、そんなことは絶対にないので心配しないでくださいね。

(ただし、横柄な態度を取るのはNGなので、紳士的にカットを要求しましょう)


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事