車庫証明は自分で行う

目安時間:約 3分

車買取においては、それが業者を通してであれ個人間売買であれ、いろいろと用意しなければならない書類があります。

 

例えば、車庫証明はその一つといえるでしょう。

 

車庫証明といえば、自分では用意できないものという印象もありますが、そんなことはありません。

 

車買取における車庫証明取得は自分で行うことができ、その書き方、取り方、申請手続き方法も紹介されています。

 

 

まず車庫証明の必要書類をどこで入手するかですが、これは地元の警察署で行うことができます。

 

申請窓口が設けられていますので、そこで申請を行うようにします。

 

場所によってインターネットから書類を入手することも可能ですが、そうした方法で申請を行うこともできます。

 

 

軽自動車の場合は車庫証明ではなく、保管場所届出が必要となりますが、この両者は少し違うものなので注意が必要です。

 

 

さて、車庫証明の申請に必要な書類は次のとおりです。

 

自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書、自認書、保管場所使用承諾証明書、自動車の保管場所の配置図、駐車場賃貸契約コピーなどです。

 

さらに、使用本拠の位置確認ができるもの、収入証紙、認印、保管場所標章番号通知書、代替車両引き取り及び引き渡し顛末書も必要になります。

 

書き方、記入例についてはインターネットでも公開されています。

 

個人で申請を行う方はそれらを参考にしながら記入を行うとよいでしょう。

 

 

繰り返しになりますが、軽自動車の場合は車庫証明は必要としません。

 

軽自動車の場合はこれに相当するものとして、保管場所届出制度があります。

 

車買取において自分で車庫証明を用意したい方は、情報サイトを参考にするようにしてください。

 

 

もっとも車庫証明をとるための条件というものがあります。

 

それは、ちゃんと駐車スペースを確保すること、駐車場所は自宅から直線距離で2㎞以内の場所であることなどの条件が必須です。

 

これらの条件が揃わないと申請を行うことができないので、くれぐれも注意しておかなければなりません。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事