カローラスポーツのiMTは、インテリジェントで便利なMT

目安時間:約 10分

2018年6月26日に発売されたカローラスポーツ。

 

発売されたときのトランスミッションは、CVTしか設定がありませんが、2018年8月には6速MTも追加されます。

 

このMTは、『iMT』(インテリジェント マニュアル トランスミッション)と呼ばれていて、普通のMTと同じように3ペダルです。

 

「6速で3ペダルのMT」と普通のMTと同じように聞こえますが、iMTは、普通のMTといったい何が違うのでしょうか?

 

そこで、『iMTは、すごく便利なMTです』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい
  • 車を高く買取りしてくれるところはどこ?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性も。

かんたん車査定ガイド

iMTは、すごく便利なシステム

カローラといえば、トヨタを代表する車種の一つです。

 

初代モデルは1966年に発売されて、50年以上にわたって販売されてきました。

 

昔のカローラ

(昔のカローラは、こんなにもカクカクでした)

 

 

現行型のカローラは、

 

・5ナンバーサイズのコンパクトセダンの「カローラアクシオ」

・ワゴンタイプの「カローラフィールダー」

 

があります。

 

そして、このカローラシリーズのラインアップに、5ドアハッチバックの「カローラスポーツ」が加わりました。

 

 

カローラスポーツの基本設計は、アクシオやフィールダーとは異なります。

 

プラットフォームは、設計の新しいTNGAの考え方で設計されていて、ボディサイズは、3ナンバー(全幅が1790mm)になります。

 

そのため、ライバル車は、アクセラスポーツ(マツダ)や、インプレッサスポーツ(スバル)になります。

 

※カローラスポーツについてさらに詳しく知りたいなら、こちらを参考にしてください

新型カローラスポーツが発売!ライバル車の紹介&かんたんな比較

 

 

 

カローラスポーツは、

 

・1800ccハイブリッド

・1200ccターボ

 

の2つのパワートレインがあり、1200ccターボには、6速MTの設定もあります。

 

この6速MTは、『iMT』と呼ばれていますが、普通のMTとは何が違うのでしょうか?

 

カー雑誌『ベストカー』が、トヨタ広報にきいたところ、実は、iMTは、すごく便利なトランスミッションだということが分かったんです。

 

☎もしもし。iMTって「イキなマラカス トレーニング」の略かと思ってましたよ、アッハッハー。

 

☎違いますね。ドライバーの変速動作、クラッチとシフトの動作を検出し、エンジン回転数を合わせるよう自動で制御することで、スムーズで快適な変速フィールを実現するというものです。

 

☎(ヤベッ、マジメだ!)な、なるほど。インテリジェントな感じなんですね。なんか発進時にはクラッチ操作のみでいいと聞きましたが、半クラッチも必要ないんですか?

 

アクセル操作はいりませんが、半クラは必要です。クラッチをつなごうとしているのに、発進に必要なトルクが出ていなければ、自動でスロットルバルブを開いてトルクを確保します。

 

☎シフトダウンの時にアクセルをあおって、回転を合わせるような制御もあります?

 

アップの時もダウンの時も制御が入ります。

(引用元:ベストカー)

 

このように、iMTは、「シフト操作をするときに、勝手にエンジンの回転数を合わせてくれるMT」なんです。

 

 

iMTは、MTに不慣れな人にとっては、すごく便利な機能ですね。

 

特に免許を取ったばかりの初心者にとっては、心強いこと間違いなしです。

 

 

私は、初めて買った車がMT車でした。

 

運転に慣れていないときにMT車に乗っていたので、右折待ちから出発するときにクラッチ操作をミスして、交差点の真ん中でエンストしてプチパニックになったことがあります。

 

iMTなら、私のような「クラッチ操作のミスからエンスト」ということは、大幅に少なくなるんです。

 

というのも、iMTは、無理やりクラッチ操作をミスしないと、エンストできないシステムなんです。

 

 

 

iMTは、普通に操作していたらエンストできないシステム

iMTは、クラッチとシフトの動作を検知して、エンジンの回転数を自動で制御してくれます。

 

発進時に必要なトルクが出ていなければ、自動でエンジンの回転数を高くしてくれます。

 

なので、普通に操作している分には、エンストさせることができなシステムです。

 

 

逆に、エンストさせるには、クラッチをわざわざポンッと離す必要があるんです。

 

☎逆にエンストさせることはできるんでしょうかね?

 

☎発進時にクラッチをポンッと離せばエンストしますよ。

(引用元:ベストカー)

 

わざわざエンストさせるような操作をしないとエンストしないというのは、すごく便利なシステムですね。

 

「マニュアル車に乗りたいけれど、不慣れだからエンストが怖い」という人にはピッタリのシステムです。

 

 

逆に、「変な制御はしてほくない」という生粋のマニュアル車乗りの人も安心してください。

 

iMTは、発進時はアシストが必ず入りますが、ドライブモードセレクトで、ECO、NORMALを選べば、回転数を調節する制御は入らなくなるんです。

 

☎非常に便利な装備だと思いますが、あえてカットすることはできます?

 

☎発進アシストは必ず入りますが、その後ドライブモードセレクトで「ECO」や「NORMAL」などを選べば制御は入りません。「SPORTS」を選択すると、そのほかの制御も入ります。

(引用元:ベストカー)

 

本当に、便利なシステムですね。

 

カローラのクラシックカー

 

カローラスポーツの次にiMTを搭載させる車種は、未定…

iMTは、便利でかしこいシステムということがわかりましたが、今後、ほかの車にも搭載させる予定はあるのでしょうか?

 

トヨタ自動車の広報いわく、いまのところは不明だそうです。

 

☎(中略)気になるのは、次なんですけど。

 

(中略)いやホラ、1.2Lターボに設定されるってことは同じエンジンのC-HRはどうなのって思うじゃないですか。

 

☎確かに欧州のC-HRには搭載されていますし、北米カローラの2Lガソリンにも搭載予定ですが、日本ではわかりませんね。わかってても言えるわけがない。

(引用元:ベストカー)

 

最近の日本では、MT車はほとんど売れていません。

 

なので、iMTを搭載した車両を設定しても、売れるかどうかわからないので、設定するかどうか迷っているのかもしれませんね。

 

カローラスポーツのMT仕様が、いろいろな年齢層の人に売れれば、ほかの車種にもiMTが設定されるかも。

 

※iMTに関するトヨタの公式サイトはこちらです

新型「6速マニュアルトランスミッション(6MT)」

 

 

まとめ

iMTは、とても賢くて便利な、インテリジェントなミッションです。

 

車好きとしてはMT車が少ないのはさみしいので、iMTを搭載したカローラスポーツが人気になって、MTを設定する車種が増えてほしいところです。

 

カローラスポーツの6速MT仕様、がんばれ!

 


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

車買取査定サービスを利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

カーセンサー.net簡単ネット査定
 

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。

ユーカーパック
 

すべて無料のオークション形式の車買取査定サービス

ユーカーパックは、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)の1社だけなのでかんたん。査定も1回受けるだけでOKです。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事

ページの先頭へ