車の最新安全技術。自動ブレーキや標識検知機能などはどんな機能?

目安時間:約 7分

最近の自動車業界は、安全技術の進化が著しいです。

 

とくに緊急自動ブレーキは、数年前まで存在しないシステムでしたが、最近は、ほとんどの車種で設定されています。

 

一方で、新しい技術が出てきても、車を実際に使うユーザー側がどのような機能を持っているか分かっていないことも多いです。

 

そこで、『最新の安全技術はどのような機能を持っているの?』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

同じ安全技術でも、性能の差が大きいことがある

近年は、自動ブレーキはじめ、多くの安全技術が登場&進化しています。

 

けれど同じシステムでも、自動車メーカーによって性能の差が大きいです。

 

たとえば自動ブレーキにも圧倒的な性能差があり、「A社の自動ブレーキは60km/hから余裕で止まれるけど、B社の自動ブレーキは25km/hでも止まりきれずに追突した」ということもあります。

 

自分の愛車に安全装備がついていても過信はせず、常に安全運転を心がけてくださいね。

 

また、自分の愛車についている自動ブレーキなどの安全装備が、どのくらいの性能なのかあらかじめ調べておくといいですよ。

 

 

最新の安全技術

それでは、最新の安全技術を紹介しますね。

 

自動ブレーキ

ミリ波レーダーやレーザー、カメラなどのセンサーを使って前方の状況を監視し、止まっている車や人などを発見したら、ドライバーの意志に関係なくブレーキをかけて停車する機能です。

 

事故を未然に防ぐ安全技術です。

 

『自立自動ブレーキ』などと表現されることもあります。

 

 

安全に大きく貢献してくれる技術ですが、現時点では自動車メーカーや車種によって大きな差があり、確実に止まれる速度も違ってきます

 

現時点で圧倒的に性能が良いのが、スバルのアイサイトVer.3で、車速0~60km/hくらいまでなら安定して停車してくれます。

 

一方、ダメなメーカーだと10~20km/hでしか止まれず、歩行者を検知することができないこともあります。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★★★
普及度 ★★★

(引用元:CARトップ)

 

標識検知機能

進入禁止や一時停止など、見落としがちな標識を検知して、メーター内のディスプレイなどに表示してくれる機能です。

 

現時点では、信号無視などをしたときに自動ブレーキをかけることを、国交省が認めていないので制御に組み込まれていませんが、将来的には自動ブレーキも連動してくる可能性もあります。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

アダプティブクルーズコントロール

ミリ波レーダーやカメラからのデータを利用して、先行車との距離を測り、適当な車間距離と速度を保ってくれる機能です。

 

 

アダプティブクルーズコントロールにも大きく2つのタイプがあります。

 

ひとつは、先行車がいるときに限り停止状態まで制御してくれるタイプで、渋滞時のノロノロ走行にも対応してくれます。

 

 

もうひとつは、センサーの性能がイマイチで、停止まで制御できないタイプです。

 

このタイプは、車速が30~40km/hになると、アダプティブクルーズコントロールの機能が停止してしまうんです。

 

 

もちろん、渋滞時のノロノロ走行にも対応しているほうが、かなり便利ですよ。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★★★
普及度 ★★☆

(引用元:CARトップ)

 

レーンキープアシスト

カメラを使って道路の車線を判別し、電動パワステの機能と組み合わせて、車線の真ん中をキープしてくれる機能です。

 

ただし現状では、車線の判別能力や制御の熟練度がまだまだのため、車線内ではあるものの、クルマが左右に動いてしまう車種&自動車メーカーが多いです。

 

現時点で安心して使えるのは、スバルのアイサイトVer.3くらいです。

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★☆☆
普及度 ★☆☆

(引用元:CARトップ)

 

ブラインドスポットモニター

車の斜め後方などは死角となっていて、目視しないと他車の存在に気づくことができません。

 

このような車の死角に他車がいるときに、存在を教えてくれるのがブラインドスポットモニターです。(ブラインドスポットセンサーと呼ぶこともあります)

 

最近は、車の左右後方から走ってくる車を教えてくれる機能がついていることもあります。

 

 

高速道路などで多い事故のひとつが、車線変更したときに左右後方の死角にいる他車との接触です。

 

ブラインドスポットモニターがあれば、このような接触事故を減らすことができます

 

安全期待度 ★★★
実用度 ★★★
普及度 ★★★

(引用元:CARトップ)

 

 

最新の安全技術には、このようなものがあります。

 

安全技術の進化は、事故が減ることにつながるので、もっともっと進化して多くの車に搭載されるといいですね。

 

次回も、続きとして最新安全技術を紹介しますね。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事