自動車メーカーの要注意点。トヨタ、ニッサン、ホンダ、マツダ編

目安時間:約 6分

先日、“クルマ購入ガイドvol.20”(平成26年8月1日発行)という

雑誌を購入したのですが、そこに『知らないと損する!?メーカー別の要注意点』

というコーナーがありました。

 

なかなか興味深い内容だったので、2回に分けて皆様にも紹介しますね。

 

今回のメーカーは、

 

・トヨタ(TOYOTA)

・ニッサン(NISSAN)

・ホンダ(HONDA)

・マツダ(MAZDA)

 

です。

 

 

これから新車を購入する予定の人は、参考にしてください。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

トヨタはノーマルエンジンの燃費が不満

≪ノーマルエンジンのLサイズ車は燃費が不満≫

 

ハイブリッドに力を入れるが、ノーマルエンジンのミドル&Lサイズモデルにはアイドリングストップの付かない車種が多く、燃費が不満だ。衝突回避の支援機能も遅れている。

 

上級車のレクサスは店舗数が約170拠点と少ない。

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

 

やはり、トヨタは、プリウスの大ヒットでハイブリッド中心になったようですね。

 

ということは、燃費や安全性能にだけ関して注目した場合、

トヨタ車を買うならハイブリッド車がよいということでしょう。

 

 

レクサスは、高級車なので利益や需要(販売数)を考えると、

一気に販売店舗を増やすとはいかないので、

販売店舗が少ないのは仕方がないんでしょうね。

 

 

ニッサンは海外向けの車種が増えすぎ

≪海外向けの車種が増え過ぎて選びにくい≫

 

海外向けの車種が多く、日本で購入しやすいのはノート、セレナ、エクストレイル、軽自動車のデイズルークス程度だ。ティーダなどの廃止で5ナンバー車を選びにくい。フリードに相当するコンパクトミニバンも必要だ。

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

カルロス・ゴーンさんが社長に就任して、2兆円近い負債を完済したニッサン。

 

その時に工場や人員の整理、カーラインナップを減らしました。

 

さらに、以前よりも壊れやすくなったということや、

ハイブリッドが出遅れいているという噂があるようで…。

 

 

そんなゴーン社長は、2016年までに世界シェア8%を目標に、

海外工場を増やしています。

 

その戦略によって、日本向けの車が減ったのかもしれませんね。

 

 

ホンダは販売力が弱い

≪新型車は豊富だが販売力が追い付かない≫

 

2013年から2014年にかけて、新型車を積極的に投入した。ただし販売力が追い付かず、オデッセイは優れたミニバンなのに売れ行きを落とした。軽自動車などの低価格車に偏った売り方になる。大切に販売して欲しい。

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

車両に定評のあるホンダですが、ディーラー自体は

良くも悪くも“普通”という声を良く聞きますね。

 

ホンダには、販売力アップが必須ということでしょう。

 

 

マツダは5ナンバー車が激減

≪5ナンバー車の品ぞろえが激減している≫

 

エンジンからプラットフォームまで、「スカイアクティブ技術」で統一した車種が増えて、走行性能と燃費は大幅に向上した。ただし5ナンバー車の品ぞろえが極端に少ない。全般的に海外向けの商品構成になった。

(引用元:クルマ購入ガイドvol.20)

 

ニッサンもそうでしたが、どのメーカーも海外展開に力を入れています。

 

というのも、日本は、すでに車が飽和状態になり、

携帯電話と同じように顧客の奪い合い状態。

 

そのため、今後、企業としてさらに成長するためには、海外展開は必須です。

 

ですが、せっかく、走行性能と燃費が向上したのですから、

日本の狭い道に適した5ナンバー車がもっと増えると、

マツダの顧客が増えるんでしょうね。

 

個人的には、クリーンディーゼルエンジンを積んだ

5ナンバー車が増えると嬉しいで。

 

 

このように、各メーカともそれぞれ注意点があります。

 

新車を購入するときは、このあたりもポイントに入れてみてはいかがでしょうか。

 

次回は、スバル、ミツビシ、ダイハツ、スズキの注意点についてお話しますね。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事