走行距離と車の買取価格の関係について

目安時間:約 3分

自動車買取においてはさまざまなポイントが査定で確認されることとなっています。

 

自動車の年式やカラーといったようなことに加え、自動車の価値を左右する要素として古くから知られているのが「走行距離」です。

 

かつてまでは、走行距離が自動車買取の価格に与える影響というものは非常に大きく、10万キロメートル以上を走行した自動車は、価値がほとんどないといわれるようなこともありました。

 

 

では、現代の自動車買取において、走行距離と買取価格の関係は、どのようになっているのでしょうか。

 

 

これに関してまずポイントとなるのが「走行距離は短いほど高く買い取ってもらえる」ということです。

 

例えば、まったく同じ年式、まったく同じ車種の自動車が二台あったとして、一台は1万キロ走行、もう一台は10万キロ走行というような状況だと、ほとんどの顧客は走行距離が短いほうを買いたいと考えます。

 

次のオーナーが見つかりやすい自動車ほど高額買取をしてもらえるということは、現代でも変わることではありませんので、自動車を売却したい場合には、なるべく早く売却するのが大切になります。

 

 

ですが、ここで注意しなくてはならないのが「走行距離は以前ほど重視されないようになった」ということです。

 

 

なぜならば、長距離を走行してきた自動車の価格が下がるということは、「長距離を走ってきたことによって部品の性能が下がっている」ということが予測されるからです。

 

自動車は細かい部品の集合体であり、また「壊れても良い部品」というものはほとんどありません。

 

長い距離を走ればそれだけ部品は酷使されることになりますから、長距離を走行してきた自動車はそれだけ故障のリスクが高く、価値が低いと見られるのです。

 

 

ですが、最近では自動車の部品製造技術も大きく進歩しており、多少長距離を走行しても自動車の性能ダウンというものは発生しづらくなりました。

 

そのため、走行距離が長くとも、かつてほどの価値の低減は発生しなくなっているのです。

 

 

とはいえ先述したように「走行距離が短いほど価値が高い」ということは変わっていませんので、自動車買取を依頼する場合には、なるべく早い段階に決断をするように心がけると良いでしょう。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

この記事に関連する記事一覧

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事