下取り車の車検が切れる前に、新車購入の検討を。納期遅延の理由はさまざま

目安時間:約 6分

新車を購入するときは、営業マンとの商談を行ない注文書の作成をしてもらいます。

 

この注文書には不思議な数字や項目がたくさんあるため、隅々まで確認するのが面倒な人もいると思います。

 

また、商談が上手くいくと、嬉しくなって注文書の確認をおろそかにしてしまう人も多いです。

 

しかし、注文書の確認を怠ると、後で後悔することもあるんです。

 

そこで、新車をお得に購入するために、『注文書で気をつけたいポイント』についてお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 が現実になる方法
  • 車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

このサービスを使えば、50万円以上も高く売ることができる可能性があります。

かんたん車査定ガイド

↑↑↑  

無料でできます

新車購入時、納期遅延が起こる理由はいろいろ

新車の納期は、車種によっても大きく違いますし、メーカーによっても違います。

 

それは、納期遅延はいろいろな要因で発生するからです。

 

 

たとえば、今スバルでは、多くのモデルが納期遅延になっています。

 

これは、スバル車が海外市場で人気が高く、なかなか国産向け車両の生産に集中できないからです。

 

 

ほかにも、オーダーが集中していても計画にしたがって生産していたり、一部のオプションの部品が調達できなかったりして、納期遅延が起こることもよくあります

 

 

そんななか、メーカー側もできるだけ納期遅延の発生を防ごうとしていて、発売前の予約受注で、ユーザーの好みを把握し、効率的な生産を進めようとしています。

 

そのため、新車販売店は予約販売を積極的に行っています。

 

発売直後は、値引きが渋い新型車も、予約販売では好条件がでることが多いんですよ。

 

 

用品値引き額の目標は用品総額の20%。それ以上値引きしてある場合は汎用品の可能性がある

新車購入時には、最初に車両本体から値引き交渉をし、限界まで値引き出来れば、そのあとオプションなどの値引き交渉を行います。

 

しかし、オプション用品は、値引き金額にだけこだわらず、その内容にも注意しなくてはいけません。

 

 

カー雑誌などでは、用品値引きは、用品総額の20%引き程度を目標にしていることが多いですが、これはすべて純正オプションが対象の話です。

 

そのため、用品値引きが総額の20%を超えている場合は、用品の内容に注目してください。

 

 

純正カーナビではなく、型遅れの汎用カーナビを定価計上している場合、当然仕入れ価格はかなり安いはずなので、そこで値引額が「盛られた」ことになるんです。

 

また、オプションコード番号が、「999」などとなっている場合にも、純正ではなく汎用オプションです。

 

汎用品は、もともとの仕入れ値自体がかなり安いので、額面ほどの割安条件ではないんですよ。

 

 

新車の購入は、下取り車の車検が切れる半年前から行動するほうがいい

日本の新車販売の世界は、全般的に納車までに時間がかかります。

 

 

昔は、「来月にも車検がきれる」というお客は、“A級ホット客(1~2週間以内に新車を購入しそうな客)”と、値引きが急速にアップしました。

 

しかし、今では納車前に車検がきれる客を、敬遠することもあります。

 

 

納車前に、下取り車の車検有効期限が来てしまう場合は、検査ラインを通すだけの車検を通して、納車まで乗り続けてもらうなど面倒が多いんです。

 

車検期限は、半年くらい残っている状態で商談するほうが、値引きが拡大しやすいんですよ。

 

 

機械打ちされない約束事には注意

商談時に気をつけたいのは、注文書に機械打ちするのではなく、口約束や手書き計上で終わらせることです。

 

口約束や手書き計上の場合、正規に通した条件でなく、営業マンが勝手に動く場合があるからです。

 

 

最近は、販売店で禁止しているため、ほとんど行われなくなりましたが、昔は下取り車の横流し行為がよく行われていました。

 

営業マンが行う横流しは、馴染みの店や大手買い取店へ、営業マンが下取り車を持ち込み現金化し、勝手に仲介料を抜いた分の現金をお客に渡すことです。

 

 

お客側は、支払額が変わらないので問題ないように感じますが、実は要注意です。

 

下取り車の名義変更が、きちんと行われずに海外に輸出された場合、末梢手続きをするのに苦労したり、追加負担が発生したり、結果的に苦労することがあるんです。

 

トラブルを防ぐためにも、注文書への端末打ち込みをお願いしてくださいね。

 

 

このように、お得に新車を購入するためには、注文書で気を付けたいポイントがいくつかあります。

 

ポイントを押さえて、お得に車を購入してくださいね。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事