車買取価格のアップには初年度登録にも注意を

目安時間:約 3分

愛用してきた自家用車を車買取業者に販売するときには、業者ごとに査定を受けて買取価格を決めてもらうことになります。

 

中古車の買い取り価格の相場は毎日のように変わっていくもので、1か月のうちに20万円も変化してしまう場合もあります。

 

車の買い取り価格を決定する査定のポイントには様々なものがあり

・グレードや車種が人気の車であるかどうか

・走行距離が多いかどうか

・メンテナンスが行われていて傷が付いていかないか

などによって買い取りの価格は変わってきます。

 

 

また、売却する際の売り時というものもあって、雪の多い時期には4WDが人気があったり、暑い夏の時期にはオープンカーの人気あったり、場所や季節によっても欲しい車は変わってきますので、車種によって売り時のタイミングによって買い取り価格が変わってきます。

 

 

さらに、中古車の車買取においては、初年度登録から新しいものであるほうが、査定の価格の相場は高くなります。

 

車買取の査定の項目のひとつに年式というものがあり、年式は車の初年度登録の年月によって決まります。

 

ナンバープレートを初めて取りつけた年がその車の年式になり、登録を行った月によって変わるわけではなく、購入した月日までは考慮はされません。

 

 

どのようにして年式が更新されるのかというと、1月1日の時点で毎年年式が更新される制度となっています。

 

12月に登録が行われた車と次の年の1月に登録が行われた車とでは、登録の上では1年の年式の差が生れます。

 

また、登録時点で年式は決定しますので、平成22年に作られた車でも登録が平成23年であれば、その車の年式は平成23年式ということになります。

 

1月1日を過ぎると年式が1年落ちてしまうので、年内の時期に買い取りの査定をしてもらうほうが良いと言えます。

 

 

例外にあたるケースもあり、フルモデルチェンジの車が出ると新型への乗り換えの需要が高くなるため、査定のポイントは新型であるか旧型であるかが重要になり買い取りの価格に影響してきます。

 

その場合は年式で判断されるというよりも、モデルチェンジされる前の旧型であれば新型よりも価値が低いという評価になります。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

この記事に関連する記事一覧

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事