ホンダ・シャトルをカローラフィールダーと比較。燃費はクラストップ

目安時間:約 8分

2015年5月15日に発売された5ナンバーサイズのステーションワゴンの『ホンダ・シャトル』。

 

“フィットシャトル”から“シャトル”に生まれ変わって新登場しました。

 

このシャトルは、どのような車なのでしょうか。シャトルについてお話ししますね。

 

また、ガチンコライバル車のトヨタ・カローラフィールダーとの比較も紹介しますね。

 

 

車買取一括査定のデメリットを解消した車買取査定サービス
  • 車買取一括査定は、電話がたくさん来るから嫌
  • かんたんな方法で、愛車を高く売りたい
  • 個人情報は、できるだけ教えたくない

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

車査定・買取の窓口は、あなたの車を好条件で買取してくれる車屋を紹介してくれるサービスです。電話が来るのは1社だけ、査定も1回だけなのでかんたん。

車査定・買取の窓口

シャトルに名前が変わって進化。JC08モード燃費はクラストップ

5月15日に発売されたシャトル。

 

実質的には、フィットシャトルからのフルモデルチェンジなのですが、車名は『シャトル』に一新されて生まれ変わりました。

 

今回、車名を変えた理由は、

「フィットシャトルのユーザーの声を聞くと、フィットのユーザーとは違った車の使い方・価値観を持っていることがわかりました。これが車名からフィットの冠をとった理由です」と開発責任者の磯貝尚弘氏は説明する。

(引用元:ベストカー)

ということからなんですよ。

 

その思いの通り、シャトルは、フィットシャトルから大きく進化をしたんです。

 

 

外観は、フロントグリルとヘッドライトを一体型に造形。そのフロントマスクは、現行のフィットと比べてよりシャープな印象となっています。

 

また、内装もフィットよりも上質さを感じさせる仕様になっていて、ソフトパッドのインパネには、グレードに応じたガーニッシュを装備するなど、質感を向上させています。

 

シート素材も滑らかな感触のファブリックを採用しているんですよ。

 

 

そして、燃費も向上しているんです。

 

シャトルのパワートレインは、

 

・1.5L直4DOHCのガソリンエンジン+モーターのハイブリッド

・1.5L直4DOHCのガソリンエンジン

 

の2つが用意されています。

 

このエンジンに、7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせることで、ハイブリッドの最廉価グレードで34.0km/L(JC08モード燃費)を達成したんです。

 

これは、ガチンコライバルのトヨタ・カローラフィールダーハイブリッドを0.2km/L上回り、クラストップの数値なんですよ。

 

 

そして、ステーションワゴンのアピールポイントといえば、ラゲッジスペース(荷室)です。

 

今回、シャトルのラゲッジスペースを開発するにあたり、初代シビックシャトルを改めて確認したそうです。

 

そのラゲッジスペースに新たに加わった装備で、もっとも目を引くのが、マルチユースバスケットです。

 

これは、後席のシートの背後につけらたバスケットで、つぶれてほしくないものや汚れてほしくないものを入れるのに最適なんです。

 

さらに、荷室床下には、容量30Lのアンバーボックスもあるんですよ。

 

 

そして、フィットには、センタータンクレイアウトにより広い居住空間が確保されています。

 

シャトルにもセンターレイアウトタンクが採用されていて、居住空間の広さは、5ナンバーサイズの車の中でもピカイチですよ。

 

 

シャトルのライバル車のカローラフィールダーと比較

では、新型シャトルは、ライバル車のトヨタ・カローラフィールダーと比較してどうなのでしょうか?

 

 

まず燃費に関しては、新型シャトルのハイブリッドはJC08モード燃費で34.0km/Lを達成し、カローラフィールダーハイブリッドを0.2km/L上回りました。

 

ただ、シャトルの場合、「HYBRID(最廉価グレード)」以外のグレードでは、カタログ燃費が落ちてしまいます。カローラフィールダーハイブリッドは、全グレード33.8km/Lなので、この点は注意です。

 

 

価格面はどうかというと、それぞれ中間グレードのシャトルの「HYBRID X」とカローラフィールダーの「HYBRID G」を比べると、シャトルの方が10万円ほど安くなります。

 

この点は魅力的ですね。

 

 

そして、ラゲッジスペースの容量を比較すると、5名乗車時で

 

・シャトルの荷室容量は570L

・カローラフィールダーの荷室容量は407L

 

と、シャトルの方が圧倒的に広いんですよ。

 

ただし、後席を倒したときは、カローラフィールダーの方が荷室が長いです。

 

 

新型シャトルとカローラフィールダーを比較すると、それぞれ良い点があります。

 

けれど、今まで国内のステーションワゴン市場は、カローラフィールダーが一人勝ち状態でしたが、今後は、シャトルがその牙城を崩すことになりそうですね。

 

最後に、シャトルハイブリッドXとカローラフィールダーハイブリッドGの主要諸元を示しておきますね。

 

新型シャトル&ライバル車主要諸元
シャトルハイブリッドXカローラフィールダーハイブリッドG
全長4400mm4400mm
全幅1695mm1695mm
全高1545mm1475mm
ホイールベース2530mm2600mm
車重1220kg1180kg
パワートレーン直4DOHC+モーター直4DOHC+モーター
総排気量1496cc1496cc
最高出力110ps/6000rpm(モーター/29.5ps)74ps/4800rpm(モーター/61ps)
最大トルク13.7kgm/5000rpm11.3kgm/3600~4400rpm
トランスミッション7速DCT電気式無段変速機
JC08モード燃費32.0km/L33.8km/L
エコカー減税取得税免税/重量税免税取得税免税/重量税免税
価格219万円229万8437円

(引用元:ベストカー)


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

車買取査定サービスを利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


車査定・買取の窓口
 

あなたの車を好条件で買取ってくれる車屋を紹介してくれるサービス

サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。電話は1社からだけですし、査定も1回だけでOK。かんたんに良い条件で車を売ることができる、車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

ユーカーパック
 

オークション形式の車買取査定サービス

ユーカーパックは、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)とだけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も1回受けるだけでOKなのでかんたんです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。


サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事

ページの先頭へ