i-MiEVが一部改良で軽自動車から普通車(登録車)に。その理由とは…

目安時間:約 9分

2018年4月19日に、i-MiEV(アイ・ミーブ)(三菱)が一部改良を行いました。

 

これまでi-MiEVは、軽自動車あつかいでしたが、今回の一部改良で普通車(登録車)になったんです。

 

軽自動車から普通車へと驚きの変更がありましたが、なぜ、維持費が安いというメリットを捨ててまで普通車にしたのでしょうか?

 

そこで、『i-MiEVが軽自動車から普通車に!変更となった理由』についてお話ししますね。

 

 

車買取一括査定のデメリットを解消した車買取査定サービス
  • 車買取一括査定は、電話がたくさん来るから嫌
  • かんたんな方法で、愛車を高く売りたい
  • 個人情報は、できるだけ教えたくない

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

ユーカーパックは、車買取店からの営業電話はなく、電話が来るのは1社だけ。査定も1回だけ。個人情報が開示されるのも、売ることが決まった車買取店1社だけなので安心です。

車の買い取り査定サービス UcarPac

i-MiEVの一部改良での変更点

i-MiEV(アイ・ミーブ)の一部改良での大きな変更点は、以下の3つです。

 

 

1.エクステリアデザインの変更&登録車に

一部改良でi-MiEVは、フロントバンパーとリアバンパーが変更されました。

 

フロントバンパーを起点に、前後のフェンダーの張り出し感が強くなったので、エアロ的で、低重心で安定感のあるスポーティなデザインに。

 

また、フォグランプが、標準装備となりました。

 

 

さらに、フロントバンパーが変更されたともに、全長が長くなって、軽自動車から「登録車」になりました。

 

フロントバンパーの変更に伴い、全長が3,395mmから3,480mmに拡大することで、軽自動車から登録車に変更となります。

(引用元:三菱自動車 公式サイト)

 

 

 

このほかには、モノトーンカラーの車には、前後ドアサッシュにブラックアウトテープが採用されました。

 

ボディカラーも、

 

・スターリングシルバーメタリック

・スターリングシルバーメタリック/ホワイトパールの2トーンカラー(有料75,600円高[消費税込])

 

の2色が新たに加わり、全5色となりました。

 

 

駆動用電池の高温のお知らせ機能

i-MiEVは、電気自動車なので、充電が必要です。

 

急速充電するときに、駆動用バッテリーの温度が高いと、充電時間が長くなってしまいます。

 

 

今回の一部改良で、駆動用バッテリーの温度が高い状態で急速充電をすると、充電時間が長くなることをお知らせする機能が付きました。

 

 

グレード構成の見直し

これまでi-MiEVは、

 

・総電力量が10.5kWhの「M」グレード

・総電力量が16.0kWhの「X」グレード

 

がありました。

 

一部改良で、Mグレードが廃止されて、Xグレードのみとなりました。

 

 

車両本体価格アップ

今回の一部改良により、車両本体価格は294万8400円(消費税込み)となり、従来型よりも32万4000円も高くなりました。

 

補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業補助金)は、16万4000円あり、エコカー減税により取得税と重量税は免税(100%減税)となっています。

 

 

とはいっても、32万円も高くなると、なかなか購入する人は出てこないようで、三菱自動車も、i-MiEVの年間の計画販売台数は300台とかなり少ないです。

 

実際に、どのくらい売れるのか楽しみですね。

 

 

i-MiEVが、軽自動車から普通車になった理由は、法規対応のため

先ほどお話ししたとおり、i-MiEV(アイ・ミーブ)は今回の改良で普通車になってしまいました。

 

 

軽自動車なら税金の優遇などがあるのに、なぜ普通車(登録車)にしたのでしょうか?

 

実は、普通車にしないと、生産できない状況だったんです。

 

カー雑誌『ベストカー』が、三菱自動車・広報部に理由を聞いていました。

 

☎今回のi-MiEVの一部改良、軽から普通車に変わるなんて、一部どころか大幅改良という感じですけど。なぜ普通車に変わったんスか?

 

☎歩行者保護の新基準適合(法規対応)が3月24日からスタートしたからです。

 

(中略)

 

それをクリアするためにはフロントバンパーの形状やデザインの見直しが必要になりました。必須事項で、この新基準適合でないとクルマの生産ができないわけですから。

 

☎歩行者保護のためにフロントバンパーを変えたということですね?

 

☎はい。万が一の対人事故の時を考えて設計し直すと、大きくボリューム感のあるフロントバンパーにあり、それにより全長が長くなり軽自動車の規格を超えたので普通車に。全長は3395mmから3480mmになり、+85mm長くなりましたね。

(引用元:ベストカー)

 

このように、i-MiEV(アイ・ミーブ)は、歩行者保護の新基準に適合させるために、フロントバンパーの形状を見直し、その結果、普通車になってしまったんです。

 

 

軽自動車の規格は、

 

・全長:3.4m以下

・全幅:1.48m以下

・全高:2.0m以下

・排気量:660cc以下

 

です。

 

新型i-MiEVは、全長が80mmだけオーバーして、普通車になってしまったんです。

 

※新型i-MiEVのサイズは、全長3.48m×全幅:1.475m×全高1.61mです。

 

 

新旧i-MiEVのデザインを見比べると、スポーティに

旧型と新型のi-MiEVを見比べると、一瞬、「なにが違うの?」となります。

 

けれど、よくよく見てみると、フロント部分がスポーティでスタイリッシュになりましたね。

 

ナンバーも白色になるので、気分もいい感じです。

 

 

【旧型i-MiEV】

旧型i-MiEV

(画像はWikipediaからお借りしました)

 

↓↓↓

 

【新型i-MiEV】

新型i-MiEV

(画像は三菱自動車の公式サイトからお借りしました)

 

 

まとめ

このように、三菱i-MiEVは、法規対応のために、一部改良で普通車になりました。

 

対応しないと生産できないので、この変更はしかたありませね。

 

 

ちなみに、今回の一部改良により、i-MiEVの車両重量は1090kgから1100kgに増えてしまいました。

 

車両重量が増えてしまったことと、空力などの影響により、航続距離が

 

・旧型i-MiEV(Xグレード)は172km

・新型i-MiEV(Xグレード)は164km

 

と、8kmも航続距離は短くなってしまいました。

 

 

i-MiEVは、世界初の量産電気自動車です。

 

軽自動車から普通車になりましたが、存続されて車好きとしてはうれしい限りです。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら車買取査定サービスがオススメ

車買取査定サービスを利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


ユーカーパック
 

すべて無料のオークション形式の車買取査定サービス

ユーカーパックは、オークション形式の車査定サービスです。電話のやり取りはユーカーパック(株)の1社だけなので、車買取一括査定のような車買取店からの怒涛の電話はありません。査定も1回受けるだけでOKなのでかんたんです。

車査定・買取の窓口
 

あなたの車を好条件で買取ってくれる車屋を紹介してくれるサービス

サービスに申し込みをすると、あなたの車を好条件で買ってくれる車買取店を紹介してくれます。電話は1社からだけですし、査定も1回だけでOK。かんたんに良い条件で車を売ることができる、車買取一括査定のデメリットと大変さを解消した車査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
 

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。


サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事

ページの先頭へ