車の警告灯が点灯・点滅したままでは、車検が通らないことに

目安時間:約 6分

クルマを公道で走らせるためには、車検を受けて合格しなければいけません。

 

車検は、ディーラーや指定整備工場で受けることもできますし、知識のある人ならユーザ車検(自分で陸運支局にクルマを持ち込んで継続車検を受けること)を受けることもできます。

 

車検に合格するためには、安全・環境基準を満たしていることが必須ですが、2017年2月1日から安全基準が変わり、警告灯が放置されている車は車検に合格できなくなったんです。

 

どういうことなのか、詳しくお話ししますね。

 

 

「愛車を高く売りたい」 を実現する方法
  • 車を高く買取りしてくれるところはどこ?
  • 大切に乗ってきた愛車だから、絶対に高く売りたい
  • 下取り査定額をアップさせたい

 

あなたは、これらに悩んでいませんか?

 

100人以上/月が使う方法で、この悩みを解決できます。

⇒詳細はこちらをクリック

↑↑↑  

無料でできます

警告灯の放置は、安全性にかかわる故障につながる可能性があるので、車検を通さないことに

クルマの車検の「審査事務規定」を決めているのは、独立行政法人・自動車技術総合機構です。

 

国の要請で審査基準を決めているのですが、2月1日から基準が変わったんです。

 

 

では、なぜ警告灯を放置(点灯、点滅)したままでは、車検に合格できなくなったのでしょうか?

 

カー雑誌「ベストカー」が、自動車技術総合機構・検査課に基準を変えた理由を聞いたところ、安全性に大きく関わってくるからなんです。

 

☎もしもし、“警告灯放置のクルマは車検が通らない”と聞いたんですけど……。

 

☎はい。具体的にいうと「前方エアバッグ」「側方エアバッグ」「ブレーキ」「ABS」「原動機」、この5つの警告灯が点灯、または点滅している車両については陸運局での審査が通らないので、指定整備工場などで修理していただいてから、再度審査を受けてもらう、ということに2月1日に改正されました。審査時の車両状態に異常がある、ということですね。

 

――(中略)――

 

☎この5つの警告灯にしぼったという理由は?

 

ブレーキなど安全性に強く関わる故障を抱えた可能性を否定できない、という理由です。私どもは安全上の観点からも、今回の改正を広く呼びかけているところです。

 

また、ドライバーに警報する「ブザー音が鳴り続ける車両」も審査しない、これも今回の改正点です。

(引用元:ベストカー)

 

たしかに、重大な事故にかかわるような故障をする可能性があるなら、車検に合格させるのは問題ですよね。

 

警告灯が気になる人は、車検が切れるギリギリではなく、早めに整備工場やディーラーに車を出してくださいね。

 

 

ちなみに、改正前に警告灯がついていた場合に車検に合格していたかどうかは、資料がないのでわからないようです。

 

 

車の警告灯の点灯・点滅は、どういう意味があるの?

警告灯の点灯や点滅は、故障や異常を知らせてくれています。

 

そのまま放置せずに、点灯・点滅したらすぐにディーラーや整備工場に車を持って行ってくださいね。

 

 

【エアバック警告灯】

エアバック警告灯が点灯したときは、エアバックシステムに異常があります。

 

すみやかにディーラーなどで修理を受けてください。

 

 

【ブレーキ警告灯】

ブレーキ警告灯が点灯したら、

 

1.パーキングブレーキが作動している
2.ブレーキフルードが不足している
3.ブレーキ油圧の異常警告
4.ABSの異常警告
5.ブレーキブースターの異常警告

 

のどれかにあたります。

 

2~5の場合は、かなり危険なのでできるだけ車を走らせることはやめて、すぐにディーラーなどに車を持って行ってください。

 

 

【ABS警告灯】

ABS警告灯の点灯は、

 

・ABSが作動している

・ABSに異常がある

 

のどちらかです。

 

異常の時は、すみやかにディーラーなどに相談してください。

 

 

【原動機(エンジン)警告灯】

原動機(エンジン)警告灯の点灯は、エンジンの制御系などにトラブルが生じている警告です。

 

できるだけ走行は控えて、すぐにディーラーなどに相談してください。

 

 

このように、警告灯の点灯・点滅は、車の故障だけでなく、安全にも大きく関わってきます。

 

警告灯が点灯・点滅したら、すぐにプロに相談してくださいね。


車を安く買うために、愛車を高く売りたいなら一括査定がオススメ

一括査定を利用して愛車を複数の買取店に査定してもらったところ、一番高い業者と一番安い業者の差が51万円にもなりました。

ディーラーの下取りと比べてもずっと高かったので、嬉しい限りです。


かんたん車査定ガイド

たった45秒で愛車の値段が分かる!

東証一部上場企業が運営しているので、安心して見積もり依頼ができます。入力項目が少ないので、申し込みがとっても簡単。一流の買取業者からコダワリの専門業者まで最大10社の一括査定を受けることができます。しかも、入力してすぐに概算の最高額も分かりますよ。

車査定比較.com

申し込み後、すぐに買取相場を教えてくれる!

業界トップクラスの200社以上の車買取業者と提携。たった1分で最大10社から買取り査定の見積りがもらえ、あなたに最適な車買取店を教えてくれます。しかも、申し込み後すぐに、全国75万台のデータを分析し、算出した買取相場を教えてくれます。上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー.net簡単ネット査定

最大30社から見積もりが届く

リクルートが発行しているカーセンサーの一括査定サイトです。地方の中小の買取企業も参加しているので、意外な高値が期待できます。また、大手では買い取ってくれないような車に強いのも特徴です。


クルマを高く売る必勝法

↑↑↑

【無料でできます!】

当サイト オススメ一括査定
たった32秒で愛車の値段が分かる!10万円以上お得になることも!!

かんたん車査定ガイドの特徴とレビュー
車をお得に購入する3つのポイント

↑ポイントを知りたい人はこちら↑

サイト内検索
車を安く購入する方法
トヨタ アクアについて
アクアのライバル車について
カテゴリー
今月の人気記事
新着記事